フォンタナ(Carlo Fontana)(読み)ふぉんたな(英語表記)Carlo Fontana

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォンタナ(Carlo Fontana)
ふぉんたな
Carlo Fontana
(1634―1714)

イタリアのバロック建築家。コモ湖に近いブルチャートに生まれる。1655年ごろローマに出てピエトロ・ダ・コルトーナやカルロ・ライナルディに師事し、さらに10年間ジャン・ロレンツォ・ベルニーニの助手をつとめた。ベルニーニに協力してサンタ・マリア・ディ・ミラーコリ聖堂(1679)やパラッツォ・ディ・モンテチトリオ(1694以降)を完成した。彼独自の業績としてはサン・マルチェッロ聖堂のファサード(1683起工)、サンタ・マリア・デル・ポーポロ聖堂のチーボ礼拝堂(1685ころ)などがある。『バチカーノの聖堂』(1694)などの著作もある。ローマに

[濱谷勝也]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android