コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルトーナ コルトーナ Cortona

2件 の用語解説(コルトーナの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コルトーナ(Cortona)

イタリア中部、トスカーナ州の町。キアーナ渓谷とテベレ渓谷に挟まれた高台に位置する。紀元前8世紀頃のエトルリアの主要都市に起源し、旧市街の城壁は13世紀に築かれた。肥沃な農業地帯の中心であり、農産物の集散地としても知られる。16世紀製作のステンドグラスの傑作をもつサンタマリア‐デッレ‐グラツィエアルカルチナイオ教会がある。また、ルネサンス期の画家ルカ=シニョレリの生地であり、教区博物館にはシニョレリフラ=アンジェリコなどの作品が収蔵されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルトーナ
こるとーな
Cortona

イタリア中部、トスカナ州アレッツォ県の都市。人口2万2046(2001国勢調査速報値)。中世末期以来の非常に長期にわたる開墾と土地改良の結果、今日では肥沃(ひよく)な農業地帯となったバル・ディ・キアーナ地方の中心地で、農産物の集散地。紀元前8~前7世紀に、エトルリア人の拠点都市の一つとして建設された。城壁跡、墓、燭台(しょくだい)など、当時の遺跡や遺物が多数残されている。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コルトーナの関連キーワードビアレッジョビンチトスカーナカポリーベリサンタンティモ修道院サンビアージョ教会マリーナ・ディ・カンポマルチアーナ・マリーナモンテプルチアーノリオ・マリーナ

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone