コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモ湖 コモこ Lago di Como

5件 の用語解説(コモ湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモ湖
コモこ
Lago di Como

古代名ラクスラリウス Lacus Larius。イタリア北部,ロンバルディア州ミラノの北方約 40kmにあるイタリア第3の湖。面積 146km2。湖面標高約 200m。最大水深約 410m。南北に長く,ベラジョの岬で2つに分れ,東側をレッコ湖といい,南西端にコモの町がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コモ‐こ【コモ湖】

Como》イタリア北部、アルプス南麓(なんろく)の氷河湖。逆Y字形をしている。面積145平方キロメートル。最大深度410メートル。湖岸は、観光・保養地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

コモこ【コモ湖】

〔Como〕 イタリア北部、ロンバルディア地方にある氷河湖。湖岸は保養地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

コモこ【コモ湖】

イタリア北部のロンバルディア地方、スイス国境近くにある、同国で3番目に大きい湖。南北約50kmの細長い氷河湖で、水深410mはヨーロッパの湖の中で最も深い。風光明媚な湖で、ローマ帝国時代、ユリウスカエサルシーザー)や歴代の皇帝が保養に訪れたといわれるほど保養地としての歴史は古く、今日でもヨーロッパの避暑地・高級リゾートとしてたいへん有名である。◇コモ湖の観光拠点で湖南端にあるコモ(Como)は、シルクの産地としても有名な中世の佇まいの残る町で、ミラノ中央駅から急行で1時間ほどの場所にある。ここから遊覧船が発着している。また、中央の半島部にあるベッラージョの村を中心に、高級ホテルやビラ(別荘)が建ち並んでいる。ラーリオ(Lario)湖、あるいは東南の湖畔にレッコ(Lecco)の町があることから「レッコ湖」とも呼ばれる

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモ湖
こもこ
Lago di Como

イタリア北西部、ロンバルディア州にある氷河湖。別称ラリオLario湖。面積146平方キロメートルは同国第3位、最大深度410メートルは同国第1位である。逆Y字形をなし、ベッラージョ岬沖を分岐点として三つの部分に分かれる。最大幅はわずか4.3キロメートルであるが、その形の複雑さから周囲は180キロメートルに及ぶ。北部でアッダ川やメーラ川から流入した水は、南東端のレッコ付近からふたたびアッダ川となって排水され、ポー川に注がれる。18世紀以来、風光明媚(めいび)な保養地、観光地として名声を博す。また伝統的に絹業が盛んであったが、近年では衰退気味で、それにかわって金属機械工業の発展がみられる。多種の淡水魚が生息する。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コモ湖の関連キーワードロンバルディア同盟ロンバルディアサンミケーレマッジョーレ教会パビア修道院メナッジオローディロンバルディア平原プロセッコロンバルディア人ロンバルディア王国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コモ湖の関連情報