コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コモ湖(読み)コモこ(英語表記)Lago di Como

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コモ湖
コモこ
Lago di Como

古代名ラクスラリウス Lacus Larius。イタリア北部,ロンバルディア州,ミラノの北方約 40kmにあるイタリア第3の湖。面積 146km2。湖面標高約 200m。最大水深約 410m。南北に長く,ベラジョの岬で2つに分れ,東側をレッコ湖といい,南西端にコモの町がある。アッダ川が北端に流入し,南東端から流出する。湖はアルプスの南端に位置し,美しい風景は有名。湖岸にはコモ,レッコ,ベラジョ,カデナッビア,トレメッツォ,バレンナなどの町があり,いずれも保養地として名高い。北西端のドンゴは,1945年ムッソリーニが逮捕され,射殺されたところ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

コモ‐こ【コモ湖】

Como》イタリア北部、アルプス南麓(なんろく)の氷河湖。逆Y字形をしている。面積145平方キロメートル。最大深度410メートル。湖岸は、観光・保養地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

コモこ【コモ湖】

〔Como〕 イタリア北部、ロンバルディア地方にある氷河湖。湖岸は保養地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界の観光地名がわかる事典の解説

コモこ【コモ湖】

イタリア北部のロンバルディア地方、スイス国境近くにある、同国で3番目に大きい湖。南北約50kmの細長い氷河湖で、水深410mはヨーロッパの湖の中で最も深い。風光明媚な湖で、ローマ帝国時代、ユリウス・カエサル(シーザー)や歴代の皇帝が保養に訪れたといわれるほど保養地としての歴史は古く、今日でもヨーロッパの避暑地・高級リゾートとしてたいへん有名である。◇コモ湖の観光拠点で湖南端にあるコモ(Como)は、シルクの産地としても有名な中世の佇まいの残る町で、ミラノ中央駅から急行で1時間ほどの場所にある。ここから遊覧船が発着している。また、中央の半島部にあるベッラージョの村を中心に、高級ホテルやビラ(別荘)が建ち並んでいる。ラーリオ(Lario)湖、あるいは東南の湖畔にレッコ(Lecco)の町があることから「レッコ湖」とも呼ばれる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コモ湖
こもこ
Lago di Como

イタリア北西部、ロンバルディア州にある氷河湖。別称ラリオLario湖。面積146平方キロメートルは同国第3位、最大深度410メートルは同国第1位である。逆Y字形をなし、ベッラージョ岬沖を分岐点として三つの部分に分かれる。最大幅はわずか4.3キロメートルであるが、その形の複雑さから周囲は180キロメートルに及ぶ。北部でアッダ川やメーラ川から流入した水は、南東端のレッコ付近からふたたびアッダ川となって排水され、ポー川に注がれる。18世紀以来、風光明媚(めいび)な保養地、観光地として名声を博す。また伝統的に絹業が盛んであったが、近年では衰退気味で、それにかわって金属機械工業の発展がみられる。多種の淡水魚が生息する。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android