コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベルニーニ ベルニーニ Bernini, Giovanni(Gian) Lorenzo

8件 の用語解説(ベルニーニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ベルニーニ
ベルニーニ
Bernini, Giovanni(Gian) Lorenzo

[生]1598.12.7. ナポリ
[没]1680.11.28. ローマ
イタリアの彫刻家,建築家,画家。彫刻家の父ピエトロ (→ベルニーニ ) に師事し,父とともにローマに行き,枢機卿 S.ボルゲーゼのために『アポロンとダフネ』 (1622~25,ボルゲーゼ美術館) その他を制作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ベルニーニ
ベルニーニ
Bernini, Pietro

[生]1562. フィレンツェ近郊
[没]1629. ローマ
イタリアの彫刻家。バロック期の巨匠 G.L.ベルニーニの父。後期マニエリスム様式を展開した。主要作品『聖母被昇天』 (1607~10,ローマ,サンタ・マリア・マジョーレ聖堂) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ベルニーニ(Giovanni Lorenzo Bernini)

[1598~1680]イタリアの彫刻家・建築家。バロック様式の形成に多大な影響を与えた。作「聖女テレジアの法悦」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ベルニーニ

イタリア・バロックを代表する彫刻家,建築家。ナポリに生まれ,父のもとで学んだのちローマに出る。1623年教皇ウルバヌス8世の寵(ちょう)を得て,ローマのサン・ピエトロ大聖堂の造営その他重要な注文を受けた。
→関連項目シュリュータージラルドンテレサ(アビラの)ピエトロ・ダ・コルトナフィッシャー・フォン・エルラハボルゲーゼ美術館ボロミーニ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

ベルニーニ

イタリア、スティピュラ社の万年筆の商品名。「アカデミアシリーズ。サンピエトロ寺院(1506年着工)の創立500年を記念して発売。名称は寺院の建築に携わったジャンロレンツォベルニーニから。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ベルニーニ【Gian Lorenzo Bernini】

1598‐1680
イタリア,バロックを代表する建築家,彫刻家,画家,演劇装置家。父ピエトロ・ベルニーニPietro Bernini(1562‐1629)はフィレンツェ出身の技巧的マニエリスト。父の仕事先のナポリで生まれ,1605年父とともにローマに出る。父が教皇パウルス5世のためにサンタマリア・マッジョーレ教会で働くうち,息子ロレンツォの早熟の才能は教皇とその甥シピオーネ・ボルゲーゼ枢機卿に認められ,19‐25年同枢機卿のために働き,若年の傑作群《アポロンとダフネ》《プロセルピナの略奪》《ダビデ》(以上いずれもボルゲーゼ美術館に現存)を制作した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ベルニーニ【Giovanni Lorenzo Bernini】

1598~1680) イタリアの彫刻家・建築家。流動的構成・豊かな官能美をもつ大理石彫刻のほか、サン-ピエトロ大聖堂などの宮殿・教会の建築・装飾に活躍。作「アポロンとダフネ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ベルニーニ
べるにーに
Giovanni (Gian) Lorenzo Bernini
(1598―1680)

イタリア・バロックを代表する建築家、彫刻家。また画家、劇作家、舞台装置家でもあった。彫刻家を父にナポリで生まれたが、すぐローマに移り、早くから天才を認められた。1629年教皇庁の建築家となり、「ベルニーニはローマを必要とし、ローマはベルニーニを必要とする」ということばを残したウルバヌス8世をはじめ、歴代教皇に重用されてローマ全体を自らの作品で飾ることになる。サン・ピエトロ大聖堂前面広場の壮大な列柱廊(1656~67)、強い透視画的効果によって幻覚を与えるスカラ・レジア(1628~36)、サンタンジェロ橋上などの塑像群、ナボーナ広場などの噴水彫刻はすべてベルニーニの作品である。このほか建築作品にはいくつかの小教会、パラッツォ・バルベリーニの玄関と大階段(1628~38)、バロック宮殿の代表作となってたびたび模倣されることになるパラッツォ・キジ・オデルカルキ(1664起工)などがあり、曲線を生かした大胆な構成ながら簡潔で調和のとれた作風を示している。一方、彫刻では劇的一瞬が生々しいまでの描写で把握される。ローマのサンタ・マリア・デッラ・ビットーリア教会の『聖テレジアの法悦』、同サン・フランチェスコ・ア・リパ教会の『至福者アルベルティーナ』、バルジェッロ美術館の『コンスタンツァ・ボナレッリの肖像』(1635)など傑作は数多い。また、名声を伝え聞いたルイ14世は65年ベルニーニをパリに招き、胸像を制作させたうえ、ルーブル宮東正面の設計を命じるが、これは採用されずに終わった。[末永 航]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のベルニーニの言及

【アルガルディ】より

…バロックの巨匠ベルニーニと対立する,イタリア17世紀古典主義彫刻の代表者。生地ボローニャのカラッチのアカデミーで教育を受け,1625年ごろローマに赴く。…

【イタリア美術】より

…これをもってバロックの開始とする。しかし,本来のバロックは,彫刻家,建築家,都市計画家G.L.ベルニーニのダイナミックで演劇的な芸術様式を指す。同じく建築家F.ボロミーニ,G.グアリーニは,曲線にみちた流動的な空間を創造し,建築の概念を革新した。…

【サン・ピエトロ大聖堂】より

… 堂内の美術作品のうち,ブロンズ製ペテロ座像(12世紀),ナビチェラ(小舟)のモザイク画(1298,ジョット),ブロンズ製正面扉(1433‐45,フィラレーテ)等は旧聖堂に由来するが,ミケランジェロの《ピエタ》(1499‐1500)を除く他の主要作品はバロック期以降に属し,近作としては玄関廊左端のマンズー作入口扉(1947)が注目される。教皇の祭壇を覆うブロンズ製大天蓋(1624ころ‐33)および大聖堂最奥に位置するペテロの司教座(1656‐65)は内装彫刻に主導的役割を果たしたベルニーニの代表作であり,前者では4本の巨大なねじれ柱が波うつ傘蓋を支え,その高さはローマ市内の大邸宅パラッツォ・ファルネーゼにほぼ等しい。玄関廊右奥の扉は〈聖なる扉〉とよばれ,25年ごとの聖年に教皇みずからが開閉し,それを通る者は免罪を受けると言い伝えられる。…

【サン・ピエトロ広場】より

…バチカン市国のサン・ピエトロ大聖堂前にあって,約10万人を収容するといわれる大広場。教皇アレクサンデル7世の発案により,1656‐67年にベルニーニが建設した長円形の大歩廊(コロネード)で囲まれ,その短軸上に広場への入口と大聖堂正面への大階段,長軸上に二つの噴水が位置し,中央にオベリスクが立つ。旧聖堂脇にあったこの古代エジプトのオベリスクは,16世紀後半に技師ドメニコ・フォンタナが900人の職人と140頭の馬を使い4ヵ月かかって移設したもの。…

【バロック美術】より

…カトルメール・ド・カンシーをはじめとするフランス18世紀の美術批評家は,アカデミズムの理念に立っており,またイタリアのミリーツィアは,古典古代とルネサンスの芸術を最高の規範とし17世紀の芸術を堕落と考えたウィンケルマンの思想に傾倒した新古典主義の批評家であった。このように美術批評におけるバロック概念は,古典様式と明白に対立した17世紀のベルニーニ,ピエトロ・ダ・コルトナらの芸術を否定する,18世紀イタリアとフランスの新古典主義的批評家たちによって形成されたものである。これが,今日多様化しているバロック概念の原点である。…

【光】より

… 彫刻は,浮彫の芸術的魅力が表面にあたる光の生み出す微妙な明暗の効果に負うところ大であるのを認めるにせよ,あくまでも外在的なものとしての光とのかかわりしかもたない。しかしその中でもバロックの彫刻は,ベルニーニ作の《聖テレサの法悦》のように,聖性の暗示,劇的効果の達成のため,周囲の現実の光を十二分に活用している。 最後に日本と中国について付言すれば,仏画や水墨山水画の場合,対象を隈取って立体感を暗示する一種の陰影法があるものの,具体的光源は想定されておらず,むしろ西洋絵画におけるような光の表現がないことが日本・中国美術の一特色であろう。…

【フランス美術】より

…ベルサイユ宮殿の全体構想の雄大さは,たしかにバロック的感覚に通ずるものがあるが,有名な〈鏡の間〉のある庭に面した正面部のみごとに秩序づけられた構成は,ボロミーニやペッペルマンの果てしなく増殖するようなダイナミックな正面部とはまったく異質のものである。ルイ14世の時代に,バロックの王者としてヨーロッパ中に君臨していたイタリアの大家ベルニーニを招いてルーブル宮殿東正面の設計を依頼しながら,結局そのせっかくのベルニーニの案を採用せず,古典主義的なペローの列柱構成を実現させたのも,同様の合理的秩序感覚の表れにほかならない。 このような厳しい秩序への意志は,建築のみにかぎらず,造形美術のあらゆる分野に一貫して見られるきわめてフランス的特徴である。…

【ボロミーニ】より

ベルニーニと並んでイタリア・バロック盛期を代表する大建築家。ベルニーニと彼は,その生涯,気質から作品の傾向にいたるまでまったく対照的であり,互いに相手を快く思わない同世代のライバルであった。…

【ル・ブラン】より

…貴族となるとともに,63年にゴブラン織製作所の総指揮にあたり,翌年〈王の首席画家〉となった。65年,当時イタリア最高の彫刻家・建築家ベルニーニがパリにやって来たが,ル・ブランはベルニーニのルーブル宮殿設計案に対する妨害や,その仕事への圧迫を加えたとされる。いずれにしても,このイタリア彫刻家の力強い〈バロック〉様式に対して,彼の折衷的な〈古典様式〉は,共鳴音を奏でたとは考えられない。…

※「ベルニーニ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ベルニーニの関連キーワード新バロックバロックボロミーニライナルディポッペルスドルフ城イタリア合奏団ヴェニス・バロック・オーケストラバローロピエトロ・ダ・コルトナフィッシャー・フォン・エルラハ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ベルニーニの関連情報