フォン・ド・ゴーム洞窟(読み)ふぉんどごーむどうくつ(英語表記)Font-de-Gaume

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォン・ド・ゴーム洞窟
ふぉんどごーむどうくつ
Font-de-Gaume

フランス、ドルドーニュ地方にある旧石器時代の絵画洞窟。1901年に発見され、石灰膜に覆われた絵画の存在は、この種の絵画がかなりの古さをもつことを証明した。主廊部に描かれたバイソン(野牛)、入口部近くのオオカミ、奥部のサイは、絵画の残りもよく、とくに有名である。この洞窟絵画の年代は、ソリュートレ文化末期からマドレーヌ文化後期(前1万5000~前1万1000年)の間である。[山中一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android