コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フクシャ Fuchsia spp.; fuchsia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フクシャ
Fuchsia spp.; fuchsia

アカバナ科の常緑または落葉小低木の1属で,約 100種がおもに熱帯アメリカ,まれにニュージーランドに知られる。日本で普通に栽培されるのはツリウキソウ (釣浮草) の和名で呼ばれる園芸種 F. hybridaで明治の初めにアメリカから輸入され,フクシア,ホクシャとも呼ばれている。元来はメキシコ原産の F. fulgensとチリ産の F. magellanicaの雑種といわれる。葉は対生し,赤色と紫色または白色の混る花は大きく目立ち,葉腋から長い柄で下がる。普通温室で栽培し,鉢植として観賞する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フクシャの関連キーワードフューシャピンクフクシャピンクアカバナ科ホクシャ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android