コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フツ人 フツじんHutu

翻訳|Hutu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フツ人
フツじん
Hutu

中部アフリカに住む民族。バフツ Bahutu,ワフツ Wahutuともいう。ツチ人,ツワ人とともにブルンジルワンダで3大民族を構成する。人口は 500万~950万で,ほとんどが両国に住む。中部バンツー語に属する言葉を話すがツチ人が使用するクシ語の影響もみられる。1世紀頃中部アフリカで先住民ツワを排除して農耕主体の生活を開始。小規模農業を基盤とし,社会構造は氏族単位で,限定的な支配権をもつ王をいただいた。 14~15世紀にツチ人の支配下に入った。フツの氏族制度はツチにならったものと思われる。文化はツチと融合し,宗教もほぼ同一であった。ブルンジでは 1965年にフツによるクーデター未遂事件が発生,同国のフツはツチの軍事政権に支配された。 72年ツチに抵抗し蜂起したが,両民族に多数の犠牲者を出しただけで終った。ルワンダでは 61年頃までにフツがツチから政権を奪取,94年大統領暗殺を機に両者の数百年にわたる対立が本格的な武力抗争に発展し,数十万人の犠牲者を出した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

フツ人の関連キーワード近・現代アフリカ史(年表)G. カイバンダルワンダ愛国戦線コンゴ民主共和国ルワンダ大虐殺ルワンダ紛争ルワンダ内戦ルワンダ人カイバンダルンディ人ピグミーバガザカガメ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android