奪取(読み)ダッシュ

デジタル大辞泉 「奪取」の意味・読み・例文・類語

だっ‐しゅ【奪取】

[名](スル)奪い取ること。力ずくで取ること。「政権奪取する」「敵陣奪取する」
[補説]書名別項。→奪取
[類語]奪う取る取り上げる分捕ぶんどかすめ取るもぎ取る引ったくるぶったくるふんだくるさらっ攫う横取りする強奪する略取する略奪する収奪する簒奪さんだつする剝奪はくだつする吸い取る

だっしゅ【奪取】[書名]

真保裕一の長編サスペンス。にせ札造りを扱った犯罪小説。平成6年(1994)から平成7年(1995)にかけて、複数新聞に「夢の工房」の題で連載。のち加筆・改題して単行本を平成8年(1996)に刊行同年の第10回山本周五郎賞受賞。翌年、第50回日本推理作家協会賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「奪取」の意味・読み・例文・類語

だっ‐しゅ【奪取】

  1. 〘 名詞 〙 他人の物を奪い取ること。
    1. [初出の実例]「奪取にあらざれどもこれをえたり」(出典:正法眼蔵(1231‐53)三界唯心)
    2. 「法令に因り拘禁せられたる者を奪取したる者は」(出典:刑法(明治四〇年)(1907)九九条)
    3. [その他の文献]〔新唐書‐尉遅敬徳伝〕

ばい‐とりばひ‥【奪取】

  1. 〘 名詞 〙 ( 「ばいどり」とも ) 奪い取ること。だっしゅ。
    1. [初出の実例]「Missilis〈略〉テイワウ、シャウグンノ バンミンニ baidorini(バイドリニ) サセラルル モノ」(出典:羅葡日辞書(1595))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「奪取」の解説

奪取

真保裕一の長編小説。1996年刊行。友人借金を返すため、偽札造りに挑む主人公苦闘を描くサスペンス小説。第10回山本周五郎賞受賞。第50回日本推理作家協会賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

普及版 字通 「奪取」の読み・字形・画数・意味

【奪取】だつしゆ

うばいとる。

字通「奪」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android