コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フモトシダ(麓羊歯) フモトシダMicrolepia marginata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フモトシダ(麓羊歯)
フモトシダ
Microlepia marginata

ワラビ科の常緑性シダ植物。アジアの東部から南部,ヒマラヤまで分布する。関東地方以西の暖地に多く,山地や山麓の林下に生える。根茎は円柱形で管状中心柱をもち,横に長くはい,植物体全体に淡褐色の毛をもつ。葉は長さ 50~80cmで根茎上にまばらに生じ,葉身は単羽状に浅裂または深裂し,黄緑色ないし暗緑色革質胞子嚢群は裂片の辺縁近くにつき,包膜はコップ状で毛がある。胞子は四面体型。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android