コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュルベール Fulbert

1件 の用語解説(フュルベールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フュルベール【Fulbert】

960ころ‐1028
初期スコラの神学者。ラテン名はフルベルトゥスFulbertusフランスピカルディー地方に生まれて,990年シャルトル大聖堂の尚書となり,1006年同地の司教となった。その大聖堂付属学校を当時の学問研究の中心にまで育て,弟子のトゥールベレンガリウスBerengariusとともにシャルトル学派をおこした。プラトンの書《ティマイオス》の研究にたずさわり,自然的理性と信仰とは真理認識において等価であると主張したため,従来の教父たちの信仰優位と対立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フュルベールの関連キーワードアベラールアンセルムススアレス神学の婢新スコラ学スコラ学スコラ的ドゥンススコトゥストマスアクィナスニコラウスクサヌス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone