コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フュルベール Fulbert

世界大百科事典 第2版の解説

フュルベール【Fulbert】

960ころ‐1028
初期スコラの神学者。ラテン名はフルベルトゥスFulbertus。フランスのピカルディー地方に生まれて,990年シャルトル大聖堂の尚書となり,1006年同地の司教となった。その大聖堂付属学校を当時の学問研究の中心にまで育て,弟子のトゥールのベレンガリウスBerengariusとともにシャルトル学派をおこした。プラトンの書《ティマイオス》の研究にたずさわり,自然的理性と信仰とは真理認識において等価であると主張したため,従来の教父たちの信仰優位と対立した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

フュルベールの関連キーワードエロイーズ

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android