コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フョードル2世 フョードルにせいFëdor II Borisovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フョードル2世
フョードルにせい
Fëdor II Borisovich

[生]1589
[没]1605.6.20. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1605) 。ボリス・ゴドゥノフの息子として生れ,1605年4月父の突然の死によって即位。しかし父によって抑圧されていた大貴族たちの反対にあい,モスクワに暴動が起って捕えられ,まもなくにせドミトリー1世の命で母と妹とともに殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

フョードル2世の関連キーワードドミトリー

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android