フョードル2世(読み)フョードルにせい(英語表記)Fëdor II Borisovich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フョードル2世
フョードルにせい
Fëdor II Borisovich

[生]1589
[没]1605.6.20. モスクワ
ロシアのツァーリ (在位 1605) 。ボリス・ゴドゥノフの息子として生れ,1605年4月父の突然の死によって即位。しかし父によって抑圧されていた大貴族たちの反対にあい,モスクワに暴動が起って捕えられ,まもなくにせドミトリー1世の命で母と妹とともに殺害された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android