コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラッシュ焙焼 フラッシュばいしょうflash roasting

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フラッシュ焙焼
フラッシュばいしょう
flash roasting

予熱された硫化鉱を数mの高さから落下させ,下から送る空気と交流させると,硫化鉱は閃光を発して瞬時に酸化するのでフラッシュ焙焼という。ウェッジ型多段焙焼炉 (→焙焼 ) の中段を数段抜き,最上段を予熱段としてもよいが,そのままでは炉の排気に粉塵となる損失が大きいので,焙焼帯に耐火煉瓦の格子を組み,粉鉱の沈降速度を調節するようにしたゲルシュテンヘーフェル炉がある。亜鉛鉱の完全酸化焙焼に使われる。別に酸化粉鉱と還元ガス (一酸化炭素など) との交流で酸化物を還元製錬する方法もあり,化学反応は逆であるが手法,使用炉は類似している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android