フラビン補酵素

百科事典マイペディアの解説

フラビン補酵素【フラビンほこうそ】

構成成分としてリボフラビン(ビタミンB2)をもつ補酵素。FMN(フラビンモノヌクレオチド)とFAD(フラビンアデニンジヌクレオチド)とがあり,生体内ではリボフラビンから次の反応で合成される。 リボフラビン+ATP→FMN+ADP FMN+ATP→FAD+ピロリン酸FMN,FADを補酵素としてもつ酵素はフラビン酵素と総称され,前者をもつものにグリコール酸オキシダーゼ,旧黄色酵素など,後者をもつものにD-アミノ酸オキシダーゼ,コハク酸デヒドロゲナーゼなどがあり,いずれも水素移転反応に関係する。→ATPADP

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android