フラフープ(英語表記)Hula-Hoop

翻訳|Hula-Hoop

世界大百科事典 第2版の解説

フラフープ【hula hoop】

硬質ポリエチレン製の遊具直径90cmほどのチューブの輪(フープ)を,フラダンスのように腰を振り調子をつけて,落ちないように回して遊ぶのでこの名がついた。1957年木製のものがオーストラリアで創案され,58年アメリカでプラスチック製に改造したものが流行した。同年日本にも移入されて流行,ブームをよんだ。最盛期には,1ヵ月間に80万本を売り上げたという。【斎藤 良輔】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フラフープ【Hula-Hoop】

遊具の商標名。プラスチックのチューブを直径1メートルくらいの輪にしたもの。輪の中に体を入れて腰を振って回し、腰の周りに回転させる。1958年(昭和33)日本で大流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラフープの関連情報