コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラフープ フラフープHula-Hoop

翻訳|Hula-Hoop

3件 の用語解説(フラフープの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フラ‐フープ(Hula-Hoop)

直径約1メートルプラスチック製の輪。中に入り、腰で回して遊ぶ。昭和33年(1958)秋に大流行。フラダンスのように腰を振って輪を回転させるところからの名。商標名。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フラフープ【hula hoop】

硬質ポリエチレン製の遊具。直径90cmほどのチューブの輪(フープ)を,フラダンスのように腰を振り調子をつけて,落ちないように回して遊ぶのでこの名がついた。1957年木製のものがオーストラリアで創案され,58年アメリカでプラスチック製に改造したものが流行した。同年日本にも移入されて流行,ブームをよんだ。最盛期には,1ヵ月間に80万本を売り上げたという。【斎藤 良輔

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フラフープ【Hula-Hoop】

遊具の商標名。プラスチックのチューブを直径1メートルくらいの輪にしたもの。輪の中に体を入れて腰を振って回し、腰の周りに回転させる。1958年(昭和33)日本で大流行。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フラフープの関連情報