コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フラフープ Hula-Hoop

翻訳|Hula-Hoop

デジタル大辞泉の解説

フラ‐フープ(Hula-Hoop)

直径約1メートルのプラスチック製の。中に入り、で回して遊ぶ。昭和33年(1958)秋に大流行フラダンスのように腰を振って輪を回転させるところからの名。商標名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

フラフープ【hula hoop】

硬質ポリエチレン製の遊具直径90cmほどのチューブの輪(フープ)を,フラダンスのように腰を振り調子をつけて,落ちないように回して遊ぶのでこの名がついた。1957年木製のものがオーストラリアで創案され,58年アメリカでプラスチック製に改造したものが流行した。同年日本にも移入されて流行,ブームをよんだ。最盛期には,1ヵ月間に80万本を売り上げたという。【斎藤 良輔】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

フラフープ【Hula-Hoop】

遊具の商標名。プラスチックのチューブを直径1メートルくらいの輪にしたもの。輪の中に体を入れて腰を振って回し、腰の周りに回転させる。1958年(昭和33)日本で大流行。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

フラフープの関連キーワード田口夏実(こぶしファクトリー)負傷事故の概要RINOKA春日まなみ宮野ここね渡辺アンナ上保千陽奈佐々木莉奈山田萌々香高比良由菜吉田明花音クラリッサめぐまりこ石橋宇輪小泉真希阿部花奏上杉莉子後藤花怜小泉遥楓原田未希

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

フラフープの関連情報