コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フランクフルトのドーム フランクフルトのドーム

1件 の用語解説(フランクフルトのドームの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フランクフルトのドーム【フランクフルトのドーム】

ドイツ中西部の都市、フランクフルト(Frankfurt am Main)中心部の旧市街、レーマー広場にあるゴシック様式の荘麗な大聖堂。市街を見下ろす高さ95mの塔があり、4~10月までの期間にかぎり登ることができる。この大聖堂は、フランク王国当時から礼拝堂や教会があった場所に13世紀に建設され、14世紀にゴシック様式の大聖堂に改築された。この大聖堂の起源は852年にまで遡るといわれる。中近世の神聖ローマ帝国において、たいへん重要な役割を担った大聖堂で、フランクフルトの歴史とも密接に関連している。1356年の金印勅書(きんいんちょくしょ)により、この聖堂が神聖ローマ帝国皇帝選挙の地となり、1562年のマクシミリアン2世以後の皇帝の戴冠式がここで行われるようになった。◇このため、「カイザードーム」(皇帝の大聖堂)とも呼ばれた。現在、市民は「大聖堂」(Dom)と通称しているほか、日本では「フランクフルト大聖堂」とも呼ばれている。大聖堂の博物館には、1350年のゴシック様式祭服や、1720年の金箔の聖体顕示台などの宝物が展示されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フランクフルトのドームの関連キーワードフランクフルトフランクフルトソーセージウェツラーオッフェンバッハ聖バルトロメウス大聖堂パウルス教会フランクフルト大聖堂ヘッセンフランクフルトマラソンフランクフルト・ムゼウム管弦楽団

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone