コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フリューゲルホルン[fluelhorn(独)] フリューゲルホルン

1件 の用語解説(フリューゲルホルン[fluelhorn(独)]の意味・用語解説を検索)

音楽用語ダスの解説

フリューゲルホルン[fluelhorn(独)]

フリューゲルホルン〔フランスビューグル(Bugle)、イタリア名フリコルノ・ソプラノ(Flicorno Soprano)〕は日本では馴染みのない楽器だが、フランス系の編成による吹奏楽や、イギリス金管バンドなどでは常置されている。Bb管のトランペットと同一の管長で構え方も同じだが、円錐部分の多い太めの管でコルネットよりもさらにずんぐりとしている。その起源は小型で弓状の牧畜・狩猟用ラッパに求められるが、直接には軍用の信号ラッパバルブを取り付けて改良したもので、1840年頃までにヨーロッパの金管バンドに広まった。音色は甘く気品にあふれるが、同時に地味で強奏には向かないことから、競合するトランペットやコルネットにその地位を奪われている。オーケストラ曲での用例はきわめて少ないが、ストラビンスキーの「トレニ」やボーン・ウィリアムズの「第9交響曲」にフリューゲルホルンの効果的なソロを聴くことができる。またレスピーギの交響詩「ローマの松」では、ローマ軍の進攻を暗示するためにフリューゲルホルンを含む金管アンサンブルが用いられている。

出典|(株)ヤマハミュージックメディア
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フリューゲルホルン[fluelhorn(独)]の関連キーワードエルンストサクソルンフリューゲルブリューゲルブリュージュビューゲルGoogleストリートビューシルトホルンフリューゲルホーンプフリューゲルの刺激法則

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone