コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レスピーギ Respighi, Ottorino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レスピーギ
Respighi, Ottorino

[生]1879.7.9. ボローニャ
[没]1936.4.18. ローマ
イタリアの作曲家。ボローニャで音楽を学び,のちペテルブルグでリムスキー=コルサコフベルリンで M.ブルッフに師事,1913年からローマのサンタ・チェチリア音楽院の作曲教授,24~26年は院長をつとめた。古いイタリア音楽を研究し,抒情的で描写的な組曲,オペラ,管弦楽曲などを作曲した。主作品はローマに取材した交響詩ローマの泉』 (1917) ,『ローマの松』 (24) ,『ローマの祭り』 (29) の三部作,『リュートのための古代舞曲とアリア』 (16,23,31) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レスピーギ

イタリアの作曲家。生地ボローニャの音楽学校でバイオリンとビオラを修め,またG.マルトゥッチ〔1856-1909〕らに作曲を学ぶ。1900年ペテルブルグの帝室歌劇場でビオラ奏者となり,リムスキー・コルサコフに管弦楽法を師事。
→関連項目印象主義

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

レスピーギ

イタリア・ボローニャ生まれ。モスクワでリムスキー・コルサコフという管弦楽法の大家に教えを受けたこともあり、その流れを受け継いで華麗なオーケストラ作品を残した。特にローマ三部作と呼ばれる「ローマの噴水・ ...続き

出典 (社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レスピーギ【Ottoriano Respighi】

1879‐1936
イタリアの作曲家。1891‐99年ボローニャの音楽学校でバイオリンとビオラを修めた後,さらに作曲とピアノを学ぶ。1900年よりペテルブルグの帝室歌劇場第1ビオラ奏者を務め,かたわらリムスキー・コルサコフに師事して強い影響を受けた。室内楽やピアノの演奏活動をしながら09年までベルリンに滞在。13年ローマのサンタ・チェチリア音楽院作曲科教授に迎えられ,24‐26年院長を務めた後も生涯同音楽院にとどまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

レスピーギ【Ottorino Respighi】

1879~1936) イタリアの作曲家。近代的な管弦楽法を用いて、二〇世紀初めのイタリアの器楽の復興に貢献した。交響詩「ローマの噴水」「ローマの松」「ローマの祭」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

レスピーギ
れすぴーぎ
Ottorino Respighi
(1879―1936)

イタリア近代の代表的作曲家。生地ボローニャの音楽学校でビオラ、作曲などを学んだ(1891~99)のち、1900年にペテルブルグ歌劇場のビオラ奏者となり、この地でリムスキー・コルサコフの音楽に感銘を受け、作曲と管弦楽法を彼に学んだ。レスピーギの華麗な管弦楽法は、まず師リムスキー・コルサコフ、そしてR・シュトラウスやドビュッシーの影響を受けている。13年、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院作曲科教授となり、のち院長も務め、同地に没した。作曲はオペラ、協奏曲、室内楽、歌曲など多彩だが、ローマの古い音楽的伝統に根ざした彼の豊かな手法は、交響詩の三部作『ローマの泉』(1914~16)、『ローマの松』(1924)、『ローマの祭』(1928)にみごとに結実している。[船山信子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

レスピーギの関連キーワードフリューゲルホルン[fluelhorn(独)]リュートのための古風な舞曲とアリアベルナルディーノ モリナーリアントーニオ ペドロッティフェレンツ ファルカシュベルトラメリ 能子モンテベルディトスカニーニディアギレフハンソン7月9日マシン器楽

レスピーギの関連情報