コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランペット トランペットtrumpet

翻訳|trumpet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランペット
trumpet

楽器の一種。3個のピストンバルブのついた高音金管楽器。今日ではハ調管,変ロ調管が一般的。管弦楽では,金管楽器群の高音を受持ち,非常に華麗で勇壮な効果をかもし出す。ジャズなどの軽音楽では中心的な楽器で,各種の弱音器 (ミュート) を用いて,さまざまな音色を出す。起源は古代エジプトギリシアローマにまでさかのぼり,18世紀以前のものは,ナチュラルトランペットというピストン装置のない円錐形の直管,またはそれを巻いただけのもので,自然倍音しか発音できなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

トランペット(trumpet)

金管楽器の一。管を長円形に巻き、吹き口はカップ状で先端は朝顔形に開く。三つのバルブで音高を変える。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

トランペット

金管楽器の一種。いわゆる〈らっぱ〉類の総称にも用いられる。イスラム圏の吹奏楽器ナフィールヨーロッパへ伝わり,13世紀ころから発達を遂げた。今日一般にいうトランペットは,19世紀中ごろに管長をコルネットに近づけ,バルブを付けてできたもの。
→関連項目アルペンホルンカルナイカルニュクス管楽器ディジェリドゥー

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トランペット【trumpet】

金管楽器の一種。管全体のうちで円筒管部分の占める比重が大きく,音は張りがあって輝かしい。またこの名は俗にいうらっぱの類の代表ともされるほど有名で,それら全体の総称に用いたり,円筒管系のらっぱの総称に用いたりすることさえある。語源はギリシア語のストロンボス(貝殻)らしいが,実際の祖はイスラム世界の楽器ナフィールであり,中世にヨーロッパに入ったと考えられる。元来は,一定の長さの管から得られる自然倍音列の諸音を,唇と呼気の調節だけで吹き分ける楽器であったが,その技術は非常に高度化し,バロック音楽の時代には,基音に対して4オクターブ前後も離れている高次倍音を自在に駆使した流麗な演奏も行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

トランペット【trumpet】

金管楽器の一。折り曲げた円筒管で、先端は朝顔状に開いている。バルブ装置の操作などによって音高を変える。明るく華麗な音を特徴とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランペット
とらんぺっと
(valve) trumpet英語
Ventiltrompeteドイツ語
transposerフランス語
transportareイタリア語

リップリード(唇を発音源とする)の気鳴楽器の一つ。ホルンボステルザックスの楽器分類法においては「トランペット」をリップリードの気鳴楽器の総称として用いているが、現在一般には管弦楽や吹奏楽、ジャズなどで用いられる金管楽器の代表的なものをさす。
 トランペットの語源はギリシア語で貝殻の一種をさすstrombosとされている。貝殻をはじめ木、竹、樹皮などを材質とした円筒形のリップリード楽器は世界各地に分布しており、この種の原始的トランペットは管の一端に吹き口が設けられているものが多いが、一端が閉じていて管の横に吹き口をあけたタイプも少なくない。しかし、現在一般にいうトランペットの直接の祖は、13世紀以降イスラム圏からヨーロッパに伝来したナフィールnaflである。これは金属性の長い円筒状直管に朝顔管のついたリップ・リード楽器で、やがて長い円筒状管を基本とし、管をS字などに曲げたものに変形されていった。16~18世紀はこの種の長管自然トランペットの全盛期である。これは変音装置がなく、自然倍音を唇と呼気で調節するものであった。そこで、よりたやすく音の選択の幅を広げるためにはさまざまな管長の替え管を必要とした。この不便さを解消するためにスライド式にしたり、管に音孔をあけたものがつくられたが、音質の点で難があり、結局19世紀初頭に変音弁(バルブ)付きのものが実用化されるに至る。しかし、当初は長管にバルブが装置されたため、高音の運指が複雑化してしまい、より簡単なコルネットのほうがトランペットよりも広く用いられた。19世紀末により機動性を高めるべく、コルネットをモデルとして管の短いものに改良され、ほぼ今日の形となった。
 今日では三つのバルブがつけられ、右手の操作によって管長が段階的に変えられて七系列の倍音が出せるようになっている。B♭管、C管、E♭管がもっとも一般的で、そのほかに小形で一オクターブ高いB♭管(ピッコロ・トランペット)や、管を巻かずにまっすぐにつくったアイーダ・トランペット(ベルディのオペラ『アイーダ』の凱旋(がいせん)のシーンで舞台において演奏される)などもある。[卜田隆嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のトランペットの言及

【管楽器】より

…管の中の空気(空気柱)に外部から気流(ふつうは奏者の呼気)を作用させて楽音を作る楽器の総称。気流の作用を受ける方式には,(1)管壁に小孔をあけ,側縁に気流を当てる(フルート),(2)管の入口に振動体をしかける(オーボエ,クラリネット),(3)管の入口に唇を当て,振動体として機能させる(トランペット)がある。(2)の場合の振動体は,適当な弾力のあるリードと呼ばれる薄片で,シングル・リード,ダブル・リードなどの別がある。…

※「トランペット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

トランペットの関連情報