コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コルネット コルネット

6件 の用語解説(コルネットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コルネット
コルネット

(1) cornet  1820年代に現れたトランペットに似たピストン付きの金管楽器。トランペットに比べ奏法が容易なため,ブラス・バンド軍楽隊などで広く用いられるほか,ベルリオーズ以来オーケストラでも採用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

コルネット(〈イタリア〉cornetto)

金管楽器の一。形状・音色ともトランペットに似て、管長はやや短い。
15~18世紀に用いられた、木製または象牙製の管楽器カップ状の吹き口をもつ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コルネット

19世紀初期に発明された金管楽器。一時はトランペット以上にオーケストラの楽器として重んじられた。現在オーケストラで用いられるのはまれだが,吹奏楽で常席を占める。
→関連項目アームストロングコブラビューグル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コルネット

円錐管系統のリップリード楽器の名。語義は〈小さな角笛〉。古くは中世からバロック時代にかけて,この名の木製吹奏楽器があった。今日,近代的な金管楽器として存在するコルネットは19世紀起源で,昔の同名楽器と直接の関係はない。(1)古楽器のコルネットcornet(t) ツィンクZinkともいう。丸棒または八角棒のような形で,直管のものと少しくねったものがある。歌口はカップ状が普通。前面の管壁に指孔が縦に並んでおり,その開閉で音を定める。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コルネット【cornet】

〔小さい角笛の意〕
金管楽器の一。トランペットを小形にした外観で、音色はトランペットより柔らかい。
一六、七世紀に使用されたマウス-ピース付きの木製角笛状の管楽器。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コルネット
こるねっと

コルネットとよばれる楽器には次の2種類がある。
(1)cornet(英語) Kornett(ドイツ語) cornet pistons(フランス語) cornetta(イタリア語) ホルン系の金管楽器。「コルネット」の語は、ホルンを意味するコルノcornoに、小ささを示す語尾をつけたもの。トランペットに似た形で音域も同じであるが、トランペットに比べて円錐(えんすい)管の占める割合が大きく、倍音が少ない柔らかな音が出る。19世紀に郵便馬車の発着の合図に使われていたポストホルンにバルブ装置をつけてつくられ、一時はトランペットをしのぐ勢いであった。ポストホルンは中世の狩猟用ホルンを小形にしたものである。
(2)cornett(英語) Zink(ドイツ語) cornet bouquin(フランス語) cornetto(イタリア語) ツィンクともよばれる管楽器。動物の角(つの)にいくつかの指孔をあけたペルシアの楽器が、10世紀ごろヨーロッパに伝えられ、木や象牙(ぞうげ)でつくられるようになったもの。19世紀まで用いられたが、とくにルネサンス、バロック時代(15~18世紀)には、その柔らかな音色を生かして、歌の伴奏を中心として教会音楽に盛んに使われた。[前川陽郁]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のコルネットの言及

【角笛】より

…中国で軍楽等に用いられた角(かく)や,ユダヤ教のショファル等がそれで,前者は仏画の奏楽場面にも登場し,日本の阿弥陀来迎図にまで及んでいる。洋楽のホルンコルネット等も金属製になってはいるが,角から来た名であり,ビューグルは〈牛飼いの角笛〉という意味のフランス古語に由来している。これらの多くは放牧,狩猟,警備,軍事等に関連して信号用などに,あるいは宗教や呪術に関連して用いられてきた。…

※「コルネット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

コルネットの関連キーワードオーボエ金管楽器サクソフォーンサリュソフォーンチューバファゴットリード楽器スピリット・センシティブリップコード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コルネットの関連情報