フリードリヒス浴場(読み)フリードリヒスよくじょう

世界の観光地名がわかる事典の解説

フリードリヒスよくじょう【フリードリヒス浴場】

ドイツ南部、ヨーロッパ有数の温泉リゾートとして知られるバーデンバーデン(Baden-Baden)の代表的な温泉施設の一つ。同市内のレオポルト広場(Leopolds Platz)近くにある。1877年に建てられたローマ様式の浴場施設で、バーデンバーデンの老舗の温泉である。この浴場施設に、古代ローマの温泉施設をイメージしてつくられたドーム型浴場がある。◇カラカラ浴場は水着着用の温泉施設なのに対して、フリードリヒス浴場は、日本の温泉同様、水着なしで入る施設である。また、混浴といわれているが、混浴はごく一部で、大部分は男女のエリアが分かれている。更衣室も別である。日本の温泉と異なるのは、入浴の仕方や時間が決められていることである。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android