コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルンブイル盟(呼倫貝爾盟) フルンブイルめいHulun buir

世界大百科事典 第2版の解説

フルンブイルめい【フルンブイル盟(呼倫貝爾盟) Hulun buir】

中国,内モンゴル(蒙古)自治区北東部,フルン(呼倫),ブイル(貝爾,モンゴル領)両塩湖のある盟。人口257万(1994)。ホロンバイルとも呼ばれる。モンゴル高原の東端にあたり,牧畜が盛んで三河馬,三河牛などが知られ,マンチュリー(満洲里)や盟都ハイラル(海拉爾)には畜産品加工工業がみられる。ノモンハン事件は,このフルンブイル盟南西部の国境線をめぐって,1939年5月からのモンゴル・ソ連と〈満州国〉・日本の軍事衝突に始まり,8月下旬の日本軍の壊滅,9月中旬の停戦に至る一連の事件をさすものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android