コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フルンブイル盟(呼倫貝爾盟) フルンブイルめい Hulun buir

1件 の用語解説(フルンブイル盟(呼倫貝爾盟)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フルンブイルめい【フルンブイル盟(呼倫貝爾盟) Hulun buir】

中国,内モンゴル(蒙古)自治区北東部,フルン(呼倫),ブイル(貝爾,モンゴル領)両塩湖のある盟。人口257万(1994)。ホロンバイルとも呼ばれるモンゴル高原の東端にあたり,牧畜が盛んで三河馬,三河牛などが知られ,マンチュリー(満洲里)や盟都ハイラル(海拉爾)には畜産品加工工業がみられる。ノモンハン事件は,このフルンブイル盟南西部の国境線をめぐって,1939年5月からのモンゴル・ソ連と〈満州国〉・日本の軍事衝突に始まり,8月下旬の日本軍の壊滅,9月中旬の停戦に至る一連の事件をさすものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

フルンブイル盟(呼倫貝爾盟)の関連キーワード内蒙古自治区帰綏ゴビ砂漠ソロン寧夏回族自治区モンゴルモンゴル文字内モンゴル自治区海拉爾蒙古

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone