コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フロッピー装置 フロッピーそうちfloppy disk drive

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フロッピー装置
フロッピーそうち
floppy disk drive

記録媒体に入れ替えて使えるフロッピーディスクがついた磁気ディスク装置。フロッピーディスクと磁気ヘッド,および位置決め機構,記録・再生信号処理回路とから構成されている。ディスク径は,8インチから 5.25インチ,3.5インチ (約 8.9cm) へと小径化する一方,記憶容量は,1~2メガバイト (MB) から4~16MBと大容量化が進んでいたが,より容量の大きい光磁気ディスク,あるいは半導体メモリの低価格化によるメモリディスクなどの発達で,信頼性の低いフロッピーディスクは使われなくなる傾向にある。 (→磁気ディスク )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android