コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶容量 きおくようりょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記憶容量

1つの記憶装置に保存しておけるデータ量。単位バイト(B)で表される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きおく‐ようりょう〔‐ヨウリヤウ〕【記憶容量】

記憶装置に蓄えることのできる情報の量。単位としてビットバイトなどを用いて表す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きおくようりょう【記憶容量】

記憶装置に収容可能な情報量。普通、語(ワード)・バイト・ビットなどの単位で表す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶容量
きおくようりょう
memory capacity

コンピュータの記憶装置がたくわえることのできる情報量をいう。コンピュータの処理能力の最も重要な要素で,字数語数,ビット数などで表わされる。高速小容量記憶装置 (ICメモリ,コアメモリなど) は内部記憶装置として,低速大容量記憶装置 (磁気テープ磁気ディスクなど) は外部記憶装置として用いられることが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

記憶容量の関連キーワードディーブイディーマイナスアールディーエルsystem resourceハイブリッドコンピューターメモリースティックProハイブリッドコンピュータメモリースティックDuoスーパーオーディオCDメモリースティックXCPフリップフロップ回路PocketZipSuperDisc仮想アドレス空間DVD+R DLDVDオーディオマイクロドライブトラックピッチギガバイト単価メガバイト単価多値記憶技術

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記憶容量の関連情報