コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フージェール城跡 フージェールじょうあと

1件 の用語解説(フージェール城跡の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

フージェールじょうあと【フージェール城跡】

フランス北西部、ブルターニュ地方イルエヴィレーヌ県のコミューンフージェール(Fougères)のナンソン川を見下ろす花崗岩(かこうがん)の岩棚上に建つ中世の城塞。レンヌ(Rennes)の北東約50km、モンサンミシェル(Mont Saint-Michel)の南東約45km、ヴィトレ(Vitré)の北約30kmに位置する。レンヌからバスの便がある(所要時間約1時間)。ここは、かつてのブルターニュ公国の東端にあたり、その国境の守りのために11世紀に建設された要塞の一つである。当初、木造の砦として築かれたが、1166年にイングランドヘンリー2世(1133~1189年)により破壊され、その直後、ブルターニュ公ウラル2世が石造の城塞に建て替えた。その堅固さと規模は西ヨーロッパ一といわれる。この要塞は数々の戦いを経て破壊され、現在、13mの塔と厚さ3mの城壁が残っている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フージェール城跡の関連キーワードカンカルキブロンブルターニュ大公城ブルターニュ半島ラ岬ロクロナンバセー・フォーブ・ド・ブルターニュセビヨブルトン種 (Breton)ガレット・ブルトンヌ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone