コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーフェラント フーフェラントHufeland, Christoph Wilhelm

3件 の用語解説(フーフェラントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーフェラント
フーフェラント
Hufeland, Christoph Wilhelm

[生]1762.8.12. ランゲンザルツァ
[没]1836.8.25. ベルリン
ドイツの医師。当時の最も有名な内科医であった。緒方洪庵が安政4 (1857) ~文久1 (61) 年に訳した『扶氏経験遺訓』 30巻の原著"Enchiridion Medicum" (36) の著者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フーフェラント【Christoph Wilhelm Hufeland】

1762‐1836
ドイツの内科学者,宮廷医。その著書が日本に伝えられ,医学,医倫理の面で影響を与えた。バート・ランゲンザルツァに生まれ,イェーナゲッティンゲンの両大学で学び,イェーナ大学教授,プロイセン宮廷医兼シャリテ病院医長,ベルリン大学教授などを歴任し,内科および外科学会を創始した。ゲーテシラーらを患者にもち,ジェンナー種痘法をドイツに入れ,チフスの予防に尽くし,研究は統計学に及んだ。ベルリン学派の雄として医学,医学教育の指導的立場にあり,その著《Encheiridon medicum》は日本でも青木周弼,緒方洪庵,杉田成卿により,それぞれ《察病亀鑑》《扶氏経験遺訓》《医戒》という邦題で抄訳された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

フーフェラント【Christoph Wilhelm Hufeland】

1762~1836) ドイツの医師。その著「医学全書」は緒方洪庵が抄訳して「扶氏経験遺訓」として出版、幕末の医学に大きな影響を与えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

フーフェラントの関連キーワードビュート伯後桜町天皇桃園天皇後桜町天皇シラン桃園天皇市村羽左衛門女帝中島三甫右衛門井波彫刻

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone