コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フーフェラント フーフェラント Hufeland, Christoph Wilhelm

3件 の用語解説(フーフェラントの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フーフェラント
フーフェラント
Hufeland, Christoph Wilhelm

[生]1762.8.12. ランゲンザルツァ
[没]1836.8.25. ベルリン
ドイツの医師。当時の最も有名な内科医であった。緒方洪庵が安政4 (1857) ~文久1 (61) 年に訳した『扶氏経験遺訓』 30巻の原著"Enchiridion Medicum" (36) の著者。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フーフェラント【Christoph Wilhelm Hufeland】

1762‐1836
ドイツの内科学者,宮廷医。その著書が日本に伝えられ,医学,医倫理の面で影響を与えた。バート・ランゲンザルツァに生まれ,イェーナゲッティンゲンの両大学で学び,イェーナ大学教授,プロイセン宮廷医兼シャリテ病院医長,ベルリン大学教授などを歴任し,内科および外科学会を創始した。ゲーテシラーらを患者にもち,ジェンナー種痘法をドイツに入れ,チフスの予防に尽くし,研究は統計学に及んだ。ベルリン学派の雄として医学,医学教育の指導的立場にあり,その著《Encheiridon medicum》は日本でも青木周弼,緒方洪庵,杉田成卿により,それぞれ《察病亀鑑》《扶氏経験遺訓》《医戒》という邦題で抄訳された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

フーフェラント【Christoph Wilhelm Hufeland】

1762~1836) ドイツの医師。その著「医学全書」は緒方洪庵が抄訳して「扶氏経験遺訓」として出版、幕末の医学に大きな影響を与えた。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フーフェラントの関連キーワード青山胤通グリム西ドイツパウルゼン統一ドイツ瀬尾雄三日置陸奥夫ファブリキウス[ヒルデンの]宮廷医学ドイツ科学者・医学者協会

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone