コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青木周弼 あおきしゅうすけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

青木周弼
あおきしゅうすけ

[生]享和3(1803).1.3. 周防,大島
[没]文久3(1863).12.16. 萩
江戸時代後期の蘭方医天保 10 (1839) 年に長州藩に仕え,翌年,医学館創設に尽力し,蘭学教授を命じられる。のちに御側医を命じられ,医学のみならず外国事情を藩主に伝えた。打聴診法を説く『察病亀鑑』など医書のほか,兵書,クリミア戦争記などの訳著がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

あおき‐しゅうひつ〔あをきシウヒツ〕【青木周弼】

[1803~1864]江戸末期の医学者。周防(すおう)の人。名は「しゅうすけ」とも。江戸・長崎で蘭学を学び、のちに長州藩医として種痘を実施。著「袖珍(しゅうちん)内外方叢」「察病論」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

青木周弼 あおき-しゅうすけ

1803-1864* 江戸時代後期の医師。
享和3年1月3日生まれ。青木研蔵の兄。大坂,江戸で医学をまなび,長崎でシーボルトに入門。天保(てんぽう)10年長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩医となり,医学館開設につくし,蘭学教授をつとめた。文久3年12月16日死去。61歳。周防(すおう)(山口県)出身。名は邦彦。号は月橋。通称は別に大吉。訳書に「察病論」,「袖珍(しゅうちん)内外方叢(ほうそう)」(共訳)など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あおきしゅうすけ【青木周弼】

1803~1863) 〔名は「しゅうひつ」とも〕 江戸末期の蘭方医。周防すおうの人。名は邦彦。長州藩医となり、藩内で種痘を実施した。著「察病論」「病理論」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

367日誕生日大事典の解説

青木周弼 (あおきしゅうすけ)

生年月日:1803年1月3日
江戸時代末期の医師;蘭学者;長州(萩)藩士
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

青木周弼の関連キーワード青木周弼(あおきしゅうひつ)青木周弼(あおきしゅうすけ)山口県萩市南古萩町高橋正純(2)フーフェラント宇田川榛斎生年月日田村育蔵緒方拙斎柴田方庵緒方洪庵吉雄菊瀕久坂玄機坪井信道東条英庵若杉直綱蘭学者青木

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

青木周弼の関連情報