コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブシュ軸受 ブシュじくうけbushing

翻訳|bushing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブシュ軸受
ブシュじくうけ
bushing

巻ブシュともいう。ブシュ (穴の内面にはめ込む円筒状の部品) をはめこんですべり軸受としたもの。軸受のうちで最も構造が簡単で,鉄製裏金に銅-,鉛-青銅などの合金ライニングされたものをロールで円筒状に成型して作られる。一般に低速回転軸,揺動軸に広く用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブシュ軸受の関連キーワード巻ブシュ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android