コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏金 ウラガネ

デジタル大辞泉の解説

うら‐がね【裏金】

取引などで、事をうまく運ぶため表に出さないで支払う金銭。「裏金が動く」
(「裏鉄」とも書く)雪駄(せった)などの裏のかかとの部分に打ちつける鉄の薄板。
鉋(かんな)のの裏がわにつける小形の刃。

うら‐きん【裏金】

日本画で、絵絹の裏から金箔(きんぱく)を当てたもの。裏箔(うらはく)。
裏に金箔を張った陣笠(じんがさ)。侍大将などがかぶった。
江戸時代、藩札発行の際に、その兌換(だかん)のために用意した

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うらきん【裏金】

日本画で絵絹の裏から金箔きんぱくを当てたもの。柔らかい金色を出す際に用いる。裏箔。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

裏金の関連キーワード藤田雄山知事の後援会による政治資金規正法違反事件藤田雄山知事後援会の政治資金規正法違反事件福岡県町村会をめぐる汚職事件真相報道バンキシャ!の誤報岐阜競輪場の不正経理問題真相報道バンキシャ!問題[各個指定]工芸技術部門自治体の不正経理問題高校野球特待生制度1億円ヤミ献金事件アンダーザテーブル岐阜県の裏金問題大阪府の裏金問題パーミット大会社会保険庁改革岐阜県裏金問題県カラ出張問題1億円献金事件裏金問題の経緯岐阜県の裏金

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏金の関連情報