裏金(読み)ウラガネ

デジタル大辞泉の解説

うら‐がね【裏金】

取引などで、事をうまく運ぶため表に出さないで支払う金銭。「裏金が動く」
(「裏鉄」とも書く)雪駄(せった)などの裏のかかとの部分に打ちつける鉄の薄板。
鉋(かんな)のの裏がわにつける小形の刃。

うら‐きん【裏金】

日本画で、絵絹の裏から金箔(きんぱく)を当てたもの。裏箔(うらはく)。
裏に金箔を張った陣笠(じんがさ)。侍大将などがかぶった。
江戸時代、藩札発行の際に、その兌換(だかん)のために用意した

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらきん【裏金】

日本画で絵絹の裏から金箔きんぱくを当てたもの。柔らかい金色を出す際に用いる。裏箔。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

裏金の関連情報