コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブッディ buddhi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブッディ
buddhi

インドのサーンキヤ学派の 25の原理の一つで,漢訳では覚と訳される。これは確認の作用を本質とするもので,精神的な作用のもととなるが,身体の中の一器官としての根源的思惟機能である。根本質料因の3つの構成要素の平衡状態が破れて展開して最初に生じるもので「大なるもの」 mahatとも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のブッディの言及

【サーンキヤ学派】より

…その変容を〈開展(パリナーマpariṇāma)〉という。その結果まず根源的思惟機能ブッディbuddhi(〈覚〉)またはマハットmahat(〈大〉)が現れる。これは確認作用を本質とし,同じく三つの構成要素からなり,身体内部の一つの器官である。…

※「ブッディ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android