コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブハラ州 ブハラBukhara

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブハラ〔州〕
ブハラ
Bukhara

ウズベキスタン中部の州。州都ブハラ。大部分がクイズイルクム (キジルクム) 砂漠にあり,平地で,南部はゼラフシャン川下流域に入る。乾燥した大陸性気候で,年降水量は北西部で 50mm,南東部で 150mmである。住民の 60%以上が農村に住み,灌漑農業に従事しているものが多い。綿花栽培,カラクール種のヒツジ飼育,養蚕が主要農業部門である。鉱業では天然ガスの産地として注目され,ガスをモスクワ,ウラル地方,タシケントにパイプラインで輸送する一方,化学工業も発展しつつある。また金の産地としても知られている。主要工業は繊維 (綿,絹) ,食品 (食肉,ワイン,油脂) ,建設資材などの工業である。タシケントとトルクメニスタンのアシガバートを結ぶ鉄道,タシケントとウルゲンチを結ぶハイウェーが州内を通っている。面積 14万 3200km2。人口 170万 8000 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブハラ州の関連キーワードカガンナボイ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android