コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブミプトラ政策 ブミプトラセイサク

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブミプトラ政策

マレー語で「土地の子」を意味する。人口の6割以上を占めるマレー系住民の経済的地位を向上させるため、経済、教育、就職面などで優遇する政策で、1971年から始めた。2009年4月に就任したナジブ首相は、非マレー系の中国系などへの配慮から政策の一部見直しに踏み切った。

(2013-07-25 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

百科事典マイペディアの解説

ブミプトラ政策【ブミプトラせいさく】

マレーシアでの先住民マレー人を優遇する経済政策。ブミプトラBumiputraとはマレーシアにおける〈原住民〉の意で,マレー人のほか,〈オラン・アスリ〉と呼ばれる非イスラム系先住民も含まれる。
→関連項目マハティールマレーシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ブミプトラせいさく【ブミプトラ政策】

〔ブミプトラ(Bumiputra)はマレー語で「その土地の人」の意〕
マレーシアで先住のマレー人の生活水準や社会的地位を引き上げ、経済の実権を握る中国系やインド系住民との格差をなくすことをめざした政策。1971年頃より行われた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブミプトラ政策の関連キーワード五・一三暴動マレー[人]東南アジアペトロナスマレー語

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブミプトラ政策の関連情報