コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブライプトロイ ブライプトロイBleibtreu, Carl

2件 の用語解説(ブライプトロイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブライプトロイ
ブライプトロイ
Bleibtreu, Carl

[生]1859.1.13. ベルリン
[没]1928.1.30. スイスロカルノ
ドイツの小説家,評論家。戦争小説『怒りの日』 Dies irae (1882) のほか,エッセー『文学の革命』 Revolution der Literatur (86) によって自然主義文学運動を推進した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ブライプトロイ
ぶらいぷとろい
Carl Bleibtreu
(1859―1928)

ドイツの文学者。ベルリン生まれ。戦記小説『怒りの日』(1882)などで文壇に登場してはいたが、コンラートMichael Georg Conrad(1864―1927)の週刊文芸誌『社会』への協力と、自然主義を標榜(ひょうぼう)する「もっとも若いドイツ」派の文学綱領となった論文「文学の革命」(1886)などの評論活動が彼の名を文学史上にとどめている。短編集『悪い社会』(1885)と長編『誇大妄想』(1888)は芸術創作にかわる実践活動を訴える。[高辻知義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ブライプトロイの関連キーワード光の科学史シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営岸沢式佐種の起源コムスン春一番点字

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブライプトロイの関連情報