コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

誇大妄想 こだいもうそうmegalomania

翻訳|megalomania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

誇大妄想
こだいもうそう
megalomania

自己を誇大に評価する妄想。自分は人並みすぐれた才能をもっているなどと信じるもののほか,王家の出身と信じる血統妄想,神の子と信じる宗教妄想,偉大な発明や発見をしたと信じる発明・発見妄想,有名な俳優などの恋人と信じる特殊な恋愛妄想などが含まれる。躁病統合失調症老年痴呆などにみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こだい‐もうそう〔‐マウサウ〕【誇大妄想】

自分の能力境遇を過大に評価したり、想像したものを事実であるかのように思い込んだりすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

誇大妄想【こだいもうそう】

躁病,統合失調症(精神分裂病),進行麻痺(まひ)に多くみられる妄想の一種。英語ではmegalomaniaないしdelusion of grandeur。自己の能力,容姿,地位などを過大に評価し,それを確信すること。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こだいもうそう【誇大妄想 megalomania】

自己を過大に評価する妄想,たとえば,自分は予言者である,新しい発見をしたなどとありえない内容の考えを確信すること。自己を過小に評価する微小妄想と反対のもので,妄想の種類として血統妄想,宗教妄想,発見妄想,恋愛妄想などがあげられる。おもに次のような精神疾患に出現する。躁病の誇大妄想は高揚した自我感情から発する願望や空想がそのまま異常に強く確信されたもので,固定的ではない。進行麻痺の誇大型でも高揚した感情状態から誇大妄想が生じ,判断力などの知的能力の低下が加わって,グロテスクな内容になることが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こだいもうそう【誇大妄想】

自分の地位・能力などを実際より過大に評価して、自分が他人より優れていると確信すること。 → 妄想

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

誇大妄想
こだいもうそう

代表的な妄想の一つで、自分の能力を現実とはかけ離れて過大に評価し、確信しているものをいう。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の誇大妄想の言及

【精神分裂病】より

…現存在分析を創始したスイスの精神医学者ビンスワンガーの主著で,1957年に単行本の形で刊行された。5例の精神分裂病のくわしい症例研究からなるが,30年代に著者が独自の人間学的方法を確立したのち,数十年にわたる臨床活動の総決算として44年から53年にかけて集成したもの。ここでは,分裂病は人間存在に異質な病態としてではなく,人間から人間へ,現存在から現存在への自由な交わりをとおして現れる特有な世界内のあり方として記述される。…

※「誇大妄想」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

誇大妄想の関連キーワードフーリエ(François Marie Charles Fourier)フォード(John Ford(1586ころ―1640ころ))ドン・カルロス・デ・アウストリアカール ブライプトロイチャップリンの独裁者妄想(精神病理学)ガイウス・カエサルサルマティズムドン・キホーテブライプトロイ心の病気の特徴ドンキホーテ型ナルシシズムパラフレニーメガロマニアハルトマンパラノイア葦原金次郎精神病理学陽性症状

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android