標榜(読み)ひょうぼう

精選版 日本国語大辞典「標榜」の解説

ひょう‐ぼう ヘウバウ【標榜】

〘名〙 (「標」はしるし、「」は立札の意)
① かかげられたしるし。示されたしるし。
※正法眼蔵(1231‐53)仏性「しかあれば無の片々は、空を道取する標榜なり」
② 人の善行を賞揚してその事実を札に記し衆人に示すこと。善行を世に知らせること。〔史記注‐留侯世家〕
③ 主義主張や自己の立場を公然と表わすこと。掲げ表わすこと。公然と唱えること。看板にすること。また、その掲げたもの。
※古学先生文集(17C後頃)五・同志会筆記「而先自標牓、暴著形跡、与世俗相違」
※一年有半(1901)〈中江兆民〉一「近日は加藤某、井上某、自ら標榜して哲学家と為し」

しるし‐ふだ【標榜】

〘名〙 目じるしに立てる立札。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「標榜」の解説

ひょう‐ぼう〔ヘウバウ〕【標×榜】

[名](スル)
善行をほめたたえ、その事実を記した札を立てて世に示すこと。また、その札。
主義・主張などをはっきりと掲げ示すこと。「自由と民主主義を標榜する政党

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android