芸術創作(読み)げいじゅつそうさく(英語表記)Kunstschaffen; creation of art

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

芸術創作
げいじゅつそうさく
Kunstschaffen; creation of art

芸術創作はギリシア語の poiēsis (創作,制作) に該当し,praxis (実践,行為) とは区別される。芸術創作の根拠をどこに求めるかによっていくつかの説に分れる。 (1) 模倣説 芸術創作の根拠を模倣に求める立場で,プラトン,アリストテレス以来の伝統的な芸術思想である。 (2) 表現説 客観の模倣に対し,近世,個人の内面の重視による主観の外化,内面の表出を根拠とする立場で,Y.ヒルン,W.ディルタイ,B.クローチェ,R.コリングウッドなどがこれに属する。 (3) 遊戯説 芸術の根源を遊戯衝動にみる立場で,J.シラー,E.スペンサー,K.グロースらがこれに属し,また現代では J.ホイジンガ,R.カイヨア,O.フィンクなどもこの傾向をくむ。また芸術創作過程は時間的経過をもつと考えられるところから心理学的あるいは現象学的に分析されうるが,近来では芸術創作の無意識的側面に照明が当てられ,精神分析や深層心理学の観点から解明が試みられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

芸術創作の関連情報