コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブラックホール力学の四法則 four laws of black hole mechanics

1件 の用語解説(ブラックホール力学の四法則の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ブラックホール力学の四法則【four laws of black hole mechanics】

ブラックホールを記述するための一般相対論の四つの法則.古典熱力学における四法則ときわめて類似している.通常以下の第零法則から第三法則までの4か条からなる.

第零法則:ブラックホール事象の地平線上における表面重力k)は,この地平面のどの場所においても同一の値である.

第一法則:ブラックホールの質量の変化分は,表面重力と面積の変化分の積に相当する.

第二法則:事象の地平線の表面積は増加するのみで,減少することはない(これは,単一のブラックホールは分裂できないが,二つのブラックホールが合体して一緒になる可能性はあるということである).

第三法則:いかなる物理的過程をもってしても,事象の地平線における表面重力の値を低下させることは不可能である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブラックホール力学の四法則の関連キーワードブラックホール一般相対論イスラエルの定理カー‐ニューマン解カー‐ニューマンブラックホールカーの時空毛なし定理シュヴァルツシルトのブラックホールペンローズ過程ライスナー‐ノルドストリョームの解

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone