コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地平線 ちへいせんhorizon

翻訳|horizon

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地平線
ちへいせん
horizon

観測点を通り,その点における鉛直線と垂直な平面が,天球と交わってできる大円,すなわち地平座標の主圏となる線を天文学的地平線という。これは天頂距離 90°の点を連ねた大円である。海上や,平坦な土地で,実際に観測される天球の下縁を実視地平線といい,これは観測点の標高や大気差によって,天文学的地平線とは違ってくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちへい‐せん【地平線】

視野の開けた広野で、大地と天との境にほぼ水平に見える線。
観測者を通る鉛直線に垂直な平面が天球と交わる大円。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地平線【ちへいせん】

天文学では,観測地点を通り鉛直線に垂直な平面(地平面)が天球と交わる大円をいう。天球は地平線により上下2半球に等分される。平野や海上で見られる実際の地平線,水平線は観測地点の高さや大気差によって変わり,天文学的地平線と異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちへいせん【地平線 horizon】

水平線ともいう。観測者から見て地平座標で高度0゜の大円であるが,地球が球形であるため,実際に見える地平線は観測者のいる高さによって高度0度よりもう少し下に見える。実際に見える地平線を視地平線という。【古川 麒一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちへいせん【地平線】

天と地との境界として眺望できる線。自然地平線。地平。
〘天〙 観測者を通る鉛直線に垂直な平面が天球と交わる大円。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

地平線の関連キーワードぼうえんきょう(望遠鏡)座ちょうこくしつ(彫刻室)座ちょうこくぐ(彫刻具)座さいだん(祭壇)座イベントホライズンほうおう(鳳凰)座じょうぎ(定規)座宇宙の地平線問題とけい(時計)座日の出・日の入りおおかみ(狼)座OTHレーダーがか(画架)座とも(船尾)座ホリゾンブルーインディアン座つる(鶴)座宇宙の地平線事象の地平面宇宙の地平面

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地平線の関連情報