地平線(読み)ちへいせん

精選版 日本国語大辞典 「地平線」の意味・読み・例文・類語

ちへい‐せん【地平線】

〘名〙 眺望の開けたところで見える空と地との境界地球表面上のある地点における鉛直線に直交する平面天球と交わってできる大円
小学読本(1873)〈田中義廉〉四「もし正直なる棒を、水面に浮めるときは、此棒の位置は、即ち地平線の向きなり」
[補注]マテオ‐リッチの「坤輿万国全図」(一六〇二)左下方の図に記されている。解説では円の真ん中に横に引いた線を「地平」、縦に引いた線を「天頂」と呼んでいるが、図には「地平線」とある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「地平線」の意味・読み・例文・類語

ちへい‐せん【地平線】

視野の開けた広野で、大地と天との境にほぼ水平に見える線。
観測者を通る鉛直線に垂直な平面が天球と交わる大円。
[類語]水平線海岸線

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「地平線」の意味・わかりやすい解説

地平線
ちへいせん
horizon

観測点通り,その点における鉛直線と垂直な平面が,天球と交わってできる大円,すなわち地平座標の主圏となる線を天文学的地平線という。これは天頂距離 90°の点を連ねた大円である。海上や,平坦な土地で,実際に観測される天球の下縁を実視地平線といい,これは観測点の標高や大気差によって,天文学的地平線とは違ってくる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア 「地平線」の意味・わかりやすい解説

地平線【ちへいせん】

天文学では,観測地点を通り鉛直線に垂直な平面(地平面)が天球と交わる大円をいう。天球は地平線により上下2半球に等分される。平野や海上で見られる実際の地平線,水平線は観測地点の高さや大気差によって変わり,天文学的地平線と異なる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版 「地平線」の意味・わかりやすい解説

ちへいせん【地平線 horizon】

水平線ともいう。観測者から見て地平座標で高度0゜の大円であるが,地球が球形であるため,実際に見える地平線は観測者のいる高さによって高度0度よりもう少し下に見える。実際に見える地平線を視地平線という。【古川 麒一郎】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

デジタル大辞泉プラス 「地平線」の解説

地平線

1984年公開の日本映画。監督・原作・脚本:新藤兼人。出演:乙羽信子、藤谷美和子、永島敏行、時任三郎、秋吉久美子、田中美佐子、川上麻衣子ほか。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

少子化問題

少子化とは、出生率の低下に伴って、将来の人口が長期的に減少する現象をさす。日本の出生率は、第二次世界大戦後、継続的に低下し、すでに先進国のうちでも低い水準となっている。出生率の低下は、直接には人々の意...

少子化問題の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android