コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブランキオサウルス Branchiosaurus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブランキオサウルス
Branchiosaurus

両生類テムノスポンデイリ目の化石属。大きなラキトム類の幼生形とみなされる迷歯類。エリオプス類とイクチオステガ類と合わせて環椎亜目とする場合もあるが,この亜目は後頭髁が 2個あり,側頭上骨と後額骨が互いに接し,側頭間骨を欠く一群である。本属は大きな短い頭部をもつが体長約 5.2cm,サンショウウオ形。石炭紀後期からペルム紀前期の北アメリカに生息した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のブランキオサウルスの言及

【エリオプス】より

…魚食性。テキサスのカコプスCacopsやヨーロッパのブランキオサウルスBranchiosaurus類などは近縁の動物である。【長谷川 善和】。…

【迷歯類】より

…半水生ないし陸生の大型種が多いが,水生魚食性のものもいた。体長30~150cmくらいが普通だが,ブランキオサウルスBranchiosaurusは小型で全長4cm大である。三畳紀には大型の水生迷歯類が出現する。…

※「ブランキオサウルス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報