迷歯類(読み)めいしるい(英語表記)Labyrinthodontia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

迷歯類
めいしるい
Labyrinthodontia

両生類迷歯上目に属する原始的化石両生類の総称。ハンザキやイモリのような形をした有尾の両生類で,歯の断面を見ると,エナメル質の表面が複雑に折れ込んでいて,曲りくねった線を示すのでこの名がある。骨頭は骨板でおおわれ,頭頂部には必ず松果窩という小孔がある。このように頭蓋が堅固なので堅頭類 Stegocephariaともいわれる。デボン紀末から三畳紀末まで栄えた。魚類型の先祖からこの類の基本的な型のイクチオステガ目を生じ,ペルム紀のラキトム目,三畳紀の巨大型の全椎目となっていったと考えられている。 (→イクチオステガ )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

迷歯類【めいしるい】

デボン紀後期〜白亜紀前期に存在した化石両生類。名称は歯のエナメル質が迷路のように複雑な構造をもつことに由来。またイモリに似ているが頭蓋が堅固なことから堅頭類ともよばれる。原始的なイクチオステガから,ペルム紀の陸生ラキトム類,三畳紀の水生全椎類,現生両生類への系統と,水生エンボロメリ類,爬虫(はちゅう)類への系統が考えられている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

めいしるい【迷歯類】

古生代デボン紀から中生代三畳紀に栄えた原始的両生類の1群(亜綱)Labyrinthodontia。有尾型四足,頭はがんじょうな骨板でおおわれた頭骨をもち,頭形は時代とともに平坦化する。堅い頭骨をもつことから,空椎類(亜綱)Lepospondyliとともに堅頭類と呼ばれる。頭骨の頂上に第三の眼といわれる頭頂(松果)孔がある。円錐形のとがった歯で,その象牙質は迷路状に入り組んだ複雑な構造をしている。このことから迷歯類と呼ばれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の迷歯類の言及

【堅頭類】より

…陸生四足(脊椎)動物として最初に現れた大動物群で,堅い頭骨を備え複雑な椎骨をもっていた。これには迷歯類(亜綱)と空椎類(亜綱)が含まれる。迷歯類【長谷川 善和】。…

※「迷歯類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android