コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニクス ブリタニクス Britannicus, Tiberius Claudius Caesar

1件 の用語解説(ブリタニクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブリタニクス
ブリタニクス
Britannicus, Tiberius Claudius Caesar

[生]41
[没]55
ローマ皇帝クラウディウス1世と妃メッサリナの子。当初の名はゲルマニクスであったが,クラウディウスが 43年ブリタニアを征服したのち,「ブリタニクス」が添名された。継母アグリッピナ (小) が帝を説いて彼女の連れ子のドミチウス (ネロ ) を帝の養子とすることに成功すると (50) ,ドミチウスより3歳若年のブリタニクスは帝位継承優先権を奪われ,54年クラウディウスの死とともにネロの即位が実現した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のブリタニクスの言及

【ネロ】より

…ローマ貴族グナエウス・ドミティウス・アヘノバルブスとアウグストゥスの曾孫女アグリッピナ(小)の子ルキウス・ドミティウス・アヘノバルブスとしてアンティウムに生まれる。49年母がクラウディウス帝の妃となると翌50年帝の養子となり,帝が前妃メッサリナによってもうけた実子ブリタニクスTiberius Claudius Caesar Britannicusより年長のため帝位継承の優先順位を得,53年にはブリタニクスの姉オクタウィアと結婚した。しかも母は54年クラウディウスを毒殺,ネロは16歳で帝位につき,ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクスという長い称号をとった。…

【ブリタニキュス】より

…そのような〈怪物の誕生〉に至る権力闘争の劇に加わるのは,権勢欲の権化であり,ネロンを自分の軛(くびき)のもとに縛りつけておこうとする母后アグリッピーヌ(小アグリッピナ)であり,かつては権力の座にありながらアグリッピーヌにより失脚させられ,今やネロンの秘密の腹心として青年皇帝を悪へと誘惑する解放奴隷ナルシスであり,また,青年皇帝の後見役として,アグリッピーヌに対してのネロンの自立をはかることで逆に〈怪物の誕生〉に手を貸すことになる武将ビュリュスである。ネロンが暴君=怪物としての正体を現すきっかけとなるのは,アウグス帝曾孫のジュニー姫に対する突然の欲望であり,姫と相思相愛の先帝の皇子ブリタニキュス(ブリタニクス)との仲を裂いて姫を所有しようとする策謀が一応は劇の主筋をなす(ブリタニキュスが悲劇の表題となっているのは,受苦(パトス)の主人公としてである)。しかし葛藤の真のレベルは,母后と青年皇帝の権力への欲望にあり,それは他のラシーヌ悲劇における恋の情念と同質の,絶対的で宿命的な情念である。…

※「ブリタニクス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニクスの関連キーワードリーマン幾何学NテオドシウスDiaz de la Peña,N.Leopold II(神聖ローマ皇帝)Leopold I(神聖ローマ皇帝)フェデリコ[2世](神聖ローマ皇帝)レオポルト[1世](神聖ローマ皇帝)レオポルド[2世](神聖ローマ皇帝)ローマ皇帝

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブリタニクスの関連情報