コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルーボトルコーヒー ぶるーぼとるこーひー Blue Bottle Coffee

3件 の用語解説(ブルーボトルコーヒーの意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ブルーボトルコーヒー

2002年に元クラリネット奏者のジェームス・フリーマンが、米国西海岸オークランドで始めたコーヒー焙煎所、及びカフェCEOのフリーマン自らが買い付けているフレッシュオーガニックの豆を、浅煎りで焙煎してから48時間以内に利用するなど、価格が高くとも高品質のコーヒーを顧客に提供するというこだわりを持つ。同社ら本格コーヒー店は、既存大手コーヒー店による「第2の波」次ぐ「第3の波」と称されている。10年にはニューヨーク、次いでロサンゼルスに進出し、14年5月現在、米国東海岸に7店、西海岸に6店を持ち、他2店が開設間近となっている。14年中にはブルーボトルコーヒー・ジャパンを設立し、東京・江東区の清澄白河に初出店する予定。

(2014-5-30)

ブルーボトルコーヒー

米国西海岸のオークランドにおいて2002年に創業されたコーヒー焙煎所・カフェ。創設者は、元チェロ奏者のジェームス・フリーマン。独立系のコーヒー焙煎所・カフェで、サードウェーブコーヒー(米国で3番目に起きた新たなコーヒー文化で、豆の産地を重視し、豆の個性を最大限に引き出す淹れ方を追求する)を代表する存在として、15年1月現在、米国内に計16店舗を展開、「コーヒー界のアップル」とも称賛されている。15年2月6日、オークランド、ニューヨーク、ロサンゼルスに続いて4都市目、初の海外店となる「清澄白河 ロースタリー&カフェ」(東京都江東区)がオープンし、当日には3~4時間待ちの行列ができた。同年3月1日には青山店がオープンする。

(2015-2-10)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

ブルーボトルコーヒー

《Blue Bottle Coffee》アメリカカリフォルニア州に本社を置くコーヒーショップのチェーン店。元クラリネット奏者のジェームス・フリーマンが2002年に創業。2015年、アメリカ国外初進出の店舗として、東京都江東区の清澄白河駅付近に「ブルーボトルコーヒー 清澄白河ロースタリー&カフェ」をオープン。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルーボトルコーヒーの関連キーワードクラリネットランスロクラリオネットバスクラリネットクラリネットをこわしちゃったコンソルティウム・クラシクムジェームス君北村英治ローゼンブラット:ビゼーの「カルメン」の主題によるファンタジー/2 pianos 4 handsヴィルトガンス

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブルーボトルコーヒーの関連情報