ブロッキング発振器(読み)ブロッキングはっしんき(英語表記)blocking oscillator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ブロッキング発振器」の解説

ブロッキング発振器
ブロッキングはっしんき
blocking oscillator

真空管トランジスタが断続的に強い発振状態に入るようにした発振器で,鋸歯状波発振器の一種。そのため変成器と時定数回路による強い正のフィードバックがかけてある。立上がりに速い出力が得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「ブロッキング発振器」の解説

ブロッキングはっしんき【ブロッキング発振器 blocking oscillator】

トランス結合発振器のループ利得を大きくとり,抵抗RとコンデンサーCの充放電回路とを組み合わせて得られる間欠形のパルス発振器。図の回路でCBは常時に充電されており,トランジスターは遮断状態にある。CBの上端はRBを通して正の電源VCCに接続されているためしだいに放電し,やがてトランジスターのベースが正電位になると導通して,トランスの巻線には図の向きに電圧がかかりトランジスターは強く飽和する。このときCBはトランジスターのベースとエミッターを通して再び負に充電され,トランジスターは遮断状態にもどる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android