コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブータン王国

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブータン王国

チベットの高僧が17世紀に国家を統一。18世紀以降、中国(清)や英国の影響力が強まり、1907年、英国の後押しをうけた有力豪族のウゲン・ワンチュクが現王朝を創始した。人口約67万(05年政府発表)の民族構成はチベット系約60%、ネパール系約20%。宗教はチベット仏教徒約70%、ヒンドゥー教徒約25%。農業人口が9割。最大の輸出品目は水力発電によるインド向け電力だ。情報化も進め、99年に衛星テレビ放送とインターネット、03年に携帯電話を解禁。06年に初の民間新聞2紙が発刊された。

(2007-06-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ブータン王国の関連キーワードイノブータンランド・すさみアウン・サン・スー・チークーラ・カンリ[山]イノブータン大王ブータンの要覧ティンプーキララ王妃大西 一ブータンゾンカ語

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブータン王国の関連情報