コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブータン王国

1件 の用語解説(ブータン王国の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ブータン王国

チベットの高僧が17世紀に国家を統一。18世紀以降、中国(清)や英国の影響力が強まり、1907年、英国の後押しをうけた有力豪族のウゲン・ワンチュクが現王朝を創始した。人口約67万(05年政府発表)の民族構成はチベット系約60%、ネパール系約20%。宗教はチベット仏教徒約70%、ヒンドゥー教徒約25%。農業人口が9割。最大の輸出品目は水力発電によるインド向け電力だ。情報化も進め、99年に衛星テレビ放送インターネット、03年に携帯電話を解禁。06年に初の民間新聞2紙が発刊された。

(2007-06-15 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブータン王国の関連キーワードチベット語チベット高原チベット文字ブータンチベット高気圧支那チベット諸語喇嘛チベットヒマラヤ山塊青海チベット(青蔵)高原チベット種 (Tibet)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブータン王国の関連情報