コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブータ Bhūta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブータ
Bhūta

南インド,ケララ地方の祭祀舞踊。病気や不慮の出来事などが起ると,それらをもたらす目に見えない悪霊をはらうために,演者みずからその悪霊となって神懸りとなり,火の力によって失神状態になるさまを演じる。シュロの葉を細くし,スカート状にしたものを身にまとい,単調なリズムにあわせて回転を繰返しながら神懸りとなる。顔にはカターカリにみられるような隈取 (くまどり) が施される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ブータの関連キーワードジグメ・ケサル・ナムゲル ワンチュク和歌山県西牟婁郡すさみ町見老津イノブータンランド・すさみジグム・S. ワンチュークジグメ・シンゲ ワンチュクブラックマウンテン国立公園サムドゥプジョンカルチョモ・ラーリ[山]クーラ・カンリ[山]ジェツン・ペマ王妃ガンケルプンスム山ジグメ ティンレイ中印国境紛争の経緯ドゥンツェラカンドゥプトプ尼僧院タチョガンラカンゾンタカゴンパブータブルCDタシヤンツェパンリザンパ