ブーパヤパゴダ(英語表記)Bupaya Pagoda

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブーパヤパゴダ【ブーパヤパゴダ】
Bupaya Pagoda

ミャンマー中央部の仏教遺跡、バガン(Bagan)にある仏教遺跡群の中で最古の寺院。3世紀ごろに建てられたといわれている。エーヤワディー川イラワジ川)のほとりに建っており、ひょうたん型のドーム屋根が、エーヤワディー川を行き来する舟や観光客の目印になっている。1975年の地震で建物が壊れたが、のちに修復された。同寺院の南、同じくエーヤワディー川の川沿いにあるタビーニュ僧院とともに、美しい夕景の名所として知られている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android