コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーパヤパゴダ ブーパヤパゴダ Bupaya Pagoda

1件 の用語解説(ブーパヤパゴダの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブーパヤパゴダ【ブーパヤパゴダ】
Bupaya Pagoda

ミャンマー中央部の仏教遺跡、バガン(Bagan)にある仏教遺跡群の中で最古の寺院。3世紀ごろに建てられたといわれている。エーヤワディー川イラワジ川)のほとりに建っており、ひょうたん型のドーム屋根が、エーヤワディー川を行き来する舟や観光客の目印になっている。1975年の地震で建物が壊れたが、のちに修復された。同寺院の南、同じくエーヤワディー川の川沿いにあるタビーニュ僧院とともに、美しい夕景の名所として知られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブーパヤパゴダの関連キーワードパガンミャンマー華子城ミャンマーのサイクロン被害バーミヤン仏教遺跡ミャンマーのゾウ在日ミャンマー人ミャンマーの少数民族アラカン[州]シン・アラハン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone