ブーヘンワルト(英語表記)Buchenwald

世界大百科事典 第2版の解説

ブーヘンワルト【Buchenwald】

ナチスが設けた強制収容所の一つ。ドイツ中部の都市ワイマール近郊に1937年3月に開設。初めはファシズムに反対するドイツ人を連行,収容する施設であったが,第2次大戦期に入ると,ソ連軍の捕虜を含む多数の外国人も収容された。解放されるまでの8年間の収容者数は約24万,国籍数は32に上り,非人間的待遇,飢餓,耐えがたい労働のため,約5万6000人が命を奪われた。E.テールマンもその一人である。【木塚 英人】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のブーヘンワルトの言及

【ワイマール】より

…しかしこれはワイマール連合右派の武力により鎮圧され,またワイマール連合自体も33年ヒトラーが政権を取ってからはナチスに弾圧された。37年,北郊にブーヘンワルトBuchenwaldの強制収容所がつくられ,多くの戦争犠牲者を出したが,戦後はドイツ民主共和国(東ドイツ)の文化都市として再建された。【進藤 牧郎】。…

【ワイマール】より

…しかしこれはワイマール連合右派の武力により鎮圧され,またワイマール連合自体も33年ヒトラーが政権を取ってからはナチスに弾圧された。37年,北郊にブーヘンワルトBuchenwaldの強制収容所がつくられ,多くの戦争犠牲者を出したが,戦後はドイツ民主共和国(東ドイツ)の文化都市として再建された。【進藤 牧郎】。…

※「ブーヘンワルト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android