コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プウホヌアオホナウナウ国立歴史公園 プウホヌアオホナウナウこくりつれきしこうえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

プウホヌアオホナウナウこくりつれきしこうえん【プウホヌアオホナウナウ国立歴史公園】

アメリカのハワイ州ハワイ島の西海岸カイルアコナの南約30kmにある公園。古代ハワイ宗教の聖地を再現している。かつて、罪を犯した人が逃れた場所で、ここで苦行を積むと罪を許されたといわれる。1961年に国立歴史公園となり、神殿やティキと呼ばれる守護神像が復元された。ヤシの葉で葺()かれた建物は、丸太の柵で囲まれ、海に向かって等身大木像が並んでいる。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android