コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

やし ヤシ

デジタル大辞泉の解説

やし[間助]

[間助]《間投助詞「や」+間投助詞「し」から。上代語》形容詞の連体形や助詞などに付いて文節末に置かれる。語勢を強め、感動の意を表す。→よし
「はしき―栄えし君のいましせば昨日も今日も我(わ)を召さましを」〈・四五四〉
[補説]「はしきやし」「はしけやし」「よしゑやし」などの限られた言い方で用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やし

( 間投助 )
〔間投助詞「や」に間投助詞「し」の付いたものから。上代語〕
文節末にあって、詠嘆の意を表す。 「愛しけ-我家の方よ雲居立ち来も/古事記 」 「よしゑ-浦はなくともよしゑ-潟はなくとも/万葉集 131

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

やしの関連キーワード甘茶でかっぽれ塩茶でかっぽれ鹿児島県鹿児島市古里町埼玉県八潮市木曽根フィルムスピード御茶の子さいさいレントゲン写真ダゲレオタイプステレオ写真森山内蔵之助きたさのさやしゃんす啖呵売り楢林栄休やしゃる城屋敷町よいとな三者執行感光乳剤林原耕三林崎甚助

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やしの関連情報