やし(読み)ヤシ

デジタル大辞泉の解説

やし[間助]

[間助]《間投助詞「や」+間投助詞「し」から。上代語》形容詞の連体形や助詞などに付いて文節末に置かれる。語勢を強め、感動の意を表す。→よし
「はしき―栄えし君のいましせば昨日も今日も我(わ)を召さましを」〈・四五四〉
[補説]「はしきやし」「はしけやし」「よしゑやし」などの限られた言い方で用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やし

( 間投助 )
〔間投助詞「や」に間投助詞「し」の付いたものから。上代語〕
文節末にあって、詠嘆の意を表す。 「愛しけ-我家の方よ雲居立ち来も/古事記 」 「よしゑ-浦はなくともよしゑ-潟はなくとも/万葉集 131

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

や‐し

〘間投助〙 (間投助詞「や」「し」の重なってできたもの) 文節末にあって詠嘆を表わす。
※古事記(712)上「伊邪那美の命、先に『あなに夜志(ヤシ)えをとこを』と言ひ、後に伊邪那岐の命、『あなに夜志(ヤシ)えをとめを』と言ひ」
※万葉(8C後)二・一三八「よしゑ八師(やシ) 浦はなくとも よしゑ夜思(ヤシ) 潟はなくとも」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

やしの関連情報