コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プブリリウス Publilius Syrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プブリリウス
Publilius Syrus

前1世紀のローマのミモス作家。アンチオキアから奴隷としてローマに来て解放され,ラベリウスとともにミモス劇の芸術的形成に尽力。教訓的要素が強いために,のちに彼の言葉が『警句集』 Sententiaeに編まれ,教科書に使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android