コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プブリリウス Publilius Syrus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プブリリウス
Publilius Syrus

前1世紀のローマのミモス作家。アンチオキアから奴隷としてローマに来て解放され,ラベリウスとともにミモス劇の芸術的形成に尽力。教訓的要素が強いために,のちに彼の言葉が『警句集』 Sententiaeに編まれ,教科書に使われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android