コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

プラシノス プラシノスPrassinos, Mario

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

プラシノス
Prassinos, Mario

[生]1916.7.30. イスタンブール
[没]1985.10.23.
フランスの画家。ギリシア人の父とベネチア系の母をもち,6歳のときフランスに渡り,のち帰化。初め木版画を学んだが,1930年頃からシュルレアリスムの影響を受けた。第2次世界大戦後幻覚的な作品を発表,その後は次第に抽象的,構成的となった。 45年以来サロン・ド・メに出品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

プラシノスの関連キーワードギリシア人フランス

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android